admin | Slingbox Fan - Part 2

Author Archives: admin

IO-DATA HTVR-BCTX3 リモコン解析

0
Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール

IO-DATA HTVR-BCTX3のリモコンを解析した。

IO-DATA のリモコンにしては、珍しく(?)意外と複雑ではないコードだったので、頭をひねるほど難しくはなかった。

Intel Compute Stick にて SlingPlayer テスト中

0
Filed under SlingPlayer

ようやく発売された Intel Compute Stick。購入した主な理由は当然「SlingCatcher」としての利用である。ついにコンピュータがスティックになる時代がきてしまったようだ。思えば初めて買ったコンピュータは、シャープの MZ-700 だった……。このスティックタイプのコンピュータの登場に何故か少し感動している。

この Intel Compute Stick は、Windows 8.1 with Being がすでにインストールされているので、Intel NUC のように OS を別途購入して、インストールする必要はない。まずは、別のコンピュータに使っているロジクールの「ワイヤレス キーボード/マウス コンボ」の USB を Compute Stick に指し、電源を入れる。すると、マイクロソフトのアカウントのログイン画面が出てきた。どうやらログインする必要があるらしい。インターネットに接続していなければ、ローカル認証もできるのか?

とりあえず、マイクロソフトのアカウントを新たに作成してログイン。まずは、Bluetooth のキーボードとマウスに切り替えてから、早速 Firefox をインストール。そして、WEB版SlingPlayer を試してみる。なかなかいいではないか。しかし、WEB版SlingPlayer だと、最大画面にした場合、画面上下に何故か黄色い線が出てしまうこれは、少し気になる。

また、何故か速度がでない。WIFI で接続しているからだろうか、何か安定しない気がする。そこで、ELECOM の USB LANアダプターを接続。WIFI の環境にもよるのだろうが、やはり LANケーブルで接続した方が安定している。あとで、WIFI ルータを変えて、また WIFI のテストしてみるか。

次に、デスクトップ版SlingPlayerをインストール。起動すると、何度も言うが、広告がうざい。Slingbox PRO-HD に接続してみたが、このデスクトップ版SlingPlayer も Compute Stick 上で支障なく使える。しかし、ここで一点問題が。

Compute Stick の接続を別のWIFIルータ、イーサネットなどに切り替えると、デスクトップ版のSlingPlayerが起動したところで固まる。いろいろ試してみた結果、接続を切り替えたら、デスクトップ版SlingPlayer を一度アンインストールして、再度インストールすると復旧することが分かった。機器固有の問題か、環境の問題か、はたまた何かのアップデートで解決するのかは現時点では不明である。

少し使ってみての感想は、Intel Compute Stick での SlingPlayer は、「意外といける」。しかし、このスティック型のコンピュータは、機器個体の寿命が短いような気がしてならない。二年はもってほしいがどうなのだろう。今後このタイプのコンピュータは、タブレットが出始めたときのように、伸び悩むコンピュータ販売を横目に、今後数年は伸びていくと思われる。そして、高性能化するスティックと低価格化するスティックの二極に分かれ、その後、低価格のスティックのみ生き残り、少しずつスペックアップしていくような気がする。

最後に、「SlingCatcher」として、Compute Stick と NUC どちらがいいか、と訊かれたら、個人的には 速度、安定性、拡張性、(たぶん)堅牢性の優れた「NUC」をお薦めするが、NUC より価格が安いことや設定の手軽さから「Compute Stick」もありだろう。しかし、NUC を置くことができない壁掛けや宙吊りのテレビなどに Compute Stick という選択肢があるのは素晴らしい。

Slingbox用 ACアダプター販売

0
Filed under スリングボックス全般

液漏れしている!

Slingbox が急に動かなくなった?調子がおかしい?
ACアダプターの問題ではないでしょうか?

長年、様々な Slingbox に触れてきましたが、はっきり申し上げると、
付属している ACアダプターの信頼性は高くありません。

弊社より Slingbox に使える小型高信頼性ACアダプターを販売します。
下記製品に対応しております。

Slingbox SOLO
Slingbox PRO-HD
Slingbox 350
Singbox M1
SlingCatcher

価格 1,380円
送料手数料   600円

※ 初期不良については、商品発送後二週間以内対応
※ 三ヶ月保障

ご購入希望の方は、下記アドレスまでご連絡お願い申し上げます。

slingboxfan.com@gmail.com

以上、宜しくお願い致します。

WEB版SlingPlayer の広告を止める方法

0
Filed under SlingPlayer

最近の SlingPlayer は、バージョンがアップされる度に、使いにくくなっていく。そして、ついにブラウザ上の SlingPlayer の周りに広告まで出始めた。一体どうなっているのだろうか。これを簡単に止める方法はないか?と考えていたら、要は広告のスクリプトをブラウザ上で動作させなければよいと気がついた。

Firefox のエクステンションで「No Script」を使い、余計(?)なスクリプトを止めた。すると、広告が出てこなくなった。あー、すっきりした。

もしかして、広告を出した目的は、1) 広告費を稼ぎ、2) 次に、PC版有料SlingPlayerを売り始め、スマートフォンのアプリケーションの様に広告を止めたければ有料の SlingPlayer を購入しろ、という感じなのだろうか?

デスクトップ版SlingPlayer にも広告が出始めたが、これは、特定のポートをブロックすれば広告を止める事ができるかな?時間があるときに調べてみよう。

Slingbox をテレビで視聴する最高の方法とは?

0
Filed under SlingCatcher, SlingPlayer

テレビで Slingbox を視聴するにあたって、SlingCatcher、Logitech Revue、Boxee Box、WD TV Live、そして Google Chrome Cast といろいろと試してきたが、この中で最善だと思われるのは専用の装置である「SlingCatcher」だった。しかし、Slingbox 350 以降の Slingbox に SlingCatcher はもう対応していない。そして、SlingCatcher そのものが過去のものとなり、なくなりつつある。

いままで、デスクトップ PC をテレビ隣に置き、そこからデュアルモニターの片方として、テレビに接続し、SlingPlayer を映していたが、もっとよい方法がないかと模索していた。そしてついに、最高の方法を見出した。それは、Intel NUC である。

Intel プロセッサーを載せた 115×111×48.7mm の筐体は、スッキリとしており、テレビの前に置いてもまったく概観の邪魔をしない。プロセッサーは、i7、i5、i3、Celeron とあり、どれを購入するか悩んだが、SlingPlayer が主な目的なので、それほどのパワーは必要ない。しかし、Celeron でまともに動かなかったら悲しいので、i3 の NUC5i3RYH を使ってみることにした。

早速、NUC5i3RYH を購入。SSD は、Crucial の BX100 120GB を選択。理由は購入した場所で一番安かったから。そして、メモリは増設できるので、とりあえず Crucial の 4GB 一枚とした。OS は Windows 8.1。最後に、Wireless キーボードと HDMI-mini HDMI アダプターも購入して準備万端である。

早速組み上げて、テレビに接続。BIOS、OS のアップデートをして、準備完了。まず、思ったのは、Windows 8.1 と SSD の組み合わせは、とにかく起動が早い。SlingCatcher や WD TV Live の起動など、恐ろしく時間がかかるので、かなりの辛抱強さが要求される。それが改善されただけでも、かなりの好印象である。

現在、PC 用の SlingPlayer は、デスクトップ版と WEB版がある。まずは、WEB版を試してみる。Firefox をインストールして、SlingPlayerプラグインをインストール。接続する Slingbox は、Slingbox 350 だ。それに東芝のDVDレコーダが接続してある。

接続しようとしてみると……SlingPlayer の接続前の「コマーシャル」、そして、画面上に出てくる「広告」を何とかしてくれ!うざい!

そして、接続すると、映像が綺麗だ!流石、PC ならではの安定感。WD TV Live など、突然の切断で何度悲しい目にあったか。次に、デスクトップ版 SlingPlayer をインストール。接続しようとすると、また広告か!そして、接続するとこれも綺麗である。デスクトップ版の方が若干使い勝手がいいような気がする。デスクトップ上のアイコンをダブルクリックですぐに接続できるからである。

暫く視聴していたが、画質を AUTO にしておくと、画質が切り替わるときに画面が黒くなるので、すこし焦った。画質は、固定にしてもいいかもしれない。しかし、これはいい。PC なので、30分の映像バッファーが使える。少し止めておきたいときに便利!NUC5i3RYH + SlingPlayer は、SlingCatcher以上である。最高だ!

そして、NUC5i3RYH は、小型といえど「PC」なので、何でもできるところが良い。カメラを接続して「スカイプ」もいいし、DVD/Blurayドライブを接続して、映画をみてもよい。Logitech Revue、Boxee Box、WD TV Live などは、Youtube などみれたり、メディアプレイヤーの機能もあったのだが、とにかく動きが遅いので、いまいちだった。もっとも NUC5i3RYH とは価格が違うので当たり前といえば当たり前なのだが……。

現状で Slingbox をテレビで視聴する最高の方法は、Intel NUC のような小型PC をテレビに接続することである。やはり、行き着くところはここだったか、という感はあるが。

Reference:

“IntelR NUC Products”. http://www.intel.com/content/www/us/en/nuc/products-overview.html

XPERIA Z3 購入

0
Filed under 未分類

XPERIA Z3 は、日本では昨年(2014)の10月に発売されており、インターネット上の興味は、既に Z4 へ移っているが、これぐらいのタイミングで買うのが、個人的には丁度良い。

初代 Z と Z ULTRA を所有しているが、現状、電話としての使用は主に Z で、Z ULTRA をタブレットとして併用している。そのためか、Z のバッテリー劣化は二年使用した今でもそれ程、気にはなってはいない。しかし、動作のレスポンス(特に文字入力)や GPS の掴みが改善されればいいとの思いで、価格のこなれてきた Z3 を購入することにした。

シンガポールの高島屋の地下に携帯電話の売り場があったなあ、と思い出し行って見ると、すでにその場所にはなくなっていた。Z ULTRA で近くの携帯電話ショップで探してみると、隣の駅(Somerset)の近くに大きなショップがあるらしい。そこまで行ってみることにした。

行ってみるとそのショップは、とても広く、平日だというのに混んでいる。セルフサービス整理券を発行するとなんと 20人待ち!外は暑いからまあいいか、と待つことにした。20分ほど待ったであろうか、意外に早く順番が来て、指定されるカウンターへ向った。

XPERIA Z3 をくれ、と言い、途中まで特に何事もなく進んだのだが、SIM カードのところで、マイクロSIM(XPERIA Z) を ナノSIM(XPERIA Z3)に変える必要があり、そのためには、(正確には思い出せないが)35ドル(約3090円)必要だという。しかし、説明を聞いていくと、なんだかの月額8ドルのサービスに入ると ナノSIM カードを無料にするといわれた。そのサービスを理解するのに時間がかかってしまった。結局、直ぐに解約すればいいとのことだったので、そのサービスに入ることにした。(翌日、早速解約済!)。そして、最終的には、68ドル(約6000円)で購入した。

シンガポール版では、XPREIA Z3 には、マグネティック・チャージャーが同封されていない。しかし、何故かスクリーンプロテクターが箱に入っていた。実は、Z3 購入前に、先にスクリーンプロテクターを買ってしまっていたので、この純正(?)プロテクターは、無駄になってしまったようだ。先に言ってくれ。そして今回は、XPERIA Z3 のオマケとして、SBH60(ヘッドフォン) をくれた。

XPERIA Z3 は、恐ろしく快適である。XPERIA Z からの二年でこれだけ変わるのか、というくらいキビキビと動いてくれる。GPS も掴みもよい。これでシンガポールで迷子にならずにすむ。すばらしい携帯電話だ。

そして、SlingPlayer を入れて…、直ぐにつながった。すごい!ちなみにメインで使っている Slingbox は、いまだに銀色のチョコレートバー「Slingbox Classic」である。Slingbox SOLO、そして PRO-HD が故障していく中、何故か Classic だけ元気に動いてくれている。

Slingbox M1 4月10日より国内販売開始

0
Filed under 未分類

日本国内で「Slingbox M1」 が、4月10日に発売される。

Slingbox 350 との違いは、無線LANのIEEE 802.11n/a/g/bに対応した事で、その他は特に明記されていない。無線LANか、いるような、いらないような……。

日本国内で「Slingbox M1」は、HDMI をコンポーネントへ変換する「HDMIコンバーター」を同梱して、店頭予想価格は32,800円の様子。ちなみに、米国のアマゾンでは、「HDMIコンバーター」は含まれないが、110ドル(1万3千円程度)程度で売られている……。ということは、HDMIコンバーターが2万円なのか?米国での展開のように、「前モデルより安く」売ればいいのに。

また、「Chromecast に対応」と宣伝しているので、Slingbox M1 から Chromecast へ直接映像を送れるのかと思ったら、iPhone や アンドロイドの携帯の SlingPlayer が必要な様子。Chromecast には、コントローラーがないので、それはそうか。だったら、Slingbox 350 と変わらないではないか?

Slingbox は、 “PRO-HD” で終わってしまったのか?魅力のある製品は出てこないのであろうか?

WEB版の SlingPlayer には、広告を載せ始めるし、Sling Media のやる気のなさが伝わってくる。もう少し頑張ってほしいなあ。

Reference:

“Slingbox M1 新発売のお知らせ”. http://www.slingbox.jp/#fv-carousel

“設置/設定が簡単になったTV遠隔視聴「Slingbox M1」、Chromecastで大画面表示も”. http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150325_693847.html

“フロンティアファクトリー、遠隔テレビ視聴アダプタ「Slingbox M1」のセットパッケージを発売”. http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1503/25/news060.html

サテラ2 (SATELLA2) リモコン解析

0
Filed under 未分類

SATELLA2 のリモコンを解析した。ややこしいプロトコルでなく良かった。あとは、「ダブルクリック」が発生しなければいいが……。

パナソニック DMR-BXT970-K リモコン解析

0
Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール

DMR-BXT970-K のリモコンを解析し、Slingbox から操作できるようにした。
右の矢印のみ、何故か信号が二回出てしまうバグ(?)に悩まされたが、最終的に信号を全て見直し、一から作り直したら、「ダブルクリック」が治まった。「なるほど」という感じだった。

<連絡>

0
Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール

Buffalo リンクシアターLT-V200のbinファイル作成の件でご連絡いただきましたS様、メールをいただいたアドレスに対しこちらから返信ができないようですので、お手数ではございますが、別のメールよりご連絡いただければ幸いでございます。以上、宜しくお願い致します。

Slingboxfan.com