SlingPlayer | Slingbox Fan

Category Archives: SlingPlayer

Intel Compute Stick にて SlingPlayer テスト中

0
Filed under SlingPlayer

ようやく発売された Intel Compute Stick。購入した主な理由は当然「SlingCatcher」としての利用である。ついにコンピュータがスティックになる時代がきてしまったようだ。思えば初めて買ったコンピュータは、シャープの MZ-700 だった……。このスティックタイプのコンピュータの登場に何故か少し感動している。

この Intel Compute Stick は、Windows 8.1 with Being がすでにインストールされているので、Intel NUC のように OS を別途購入して、インストールする必要はない。まずは、別のコンピュータに使っているロジクールの「ワイヤレス キーボード/マウス コンボ」の USB を Compute Stick に指し、電源を入れる。すると、マイクロソフトのアカウントのログイン画面が出てきた。どうやらログインする必要があるらしい。インターネットに接続していなければ、ローカル認証もできるのか?

とりあえず、マイクロソフトのアカウントを新たに作成してログイン。まずは、Bluetooth のキーボードとマウスに切り替えてから、早速 Firefox をインストール。そして、WEB版SlingPlayer を試してみる。なかなかいいではないか。しかし、WEB版SlingPlayer だと、最大画面にした場合、画面上下に何故か黄色い線が出てしまうこれは、少し気になる。

また、何故か速度がでない。WIFI で接続しているからだろうか、何か安定しない気がする。そこで、ELECOM の USB LANアダプターを接続。WIFI の環境にもよるのだろうが、やはり LANケーブルで接続した方が安定している。あとで、WIFI ルータを変えて、また WIFI のテストしてみるか。

次に、デスクトップ版SlingPlayerをインストール。起動すると、何度も言うが、広告がうざい。Slingbox PRO-HD に接続してみたが、このデスクトップ版SlingPlayer も Compute Stick 上で支障なく使える。しかし、ここで一点問題が。

Compute Stick の接続を別のWIFIルータ、イーサネットなどに切り替えると、デスクトップ版のSlingPlayerが起動したところで固まる。いろいろ試してみた結果、接続を切り替えたら、デスクトップ版SlingPlayer を一度アンインストールして、再度インストールすると復旧することが分かった。機器固有の問題か、環境の問題か、はたまた何かのアップデートで解決するのかは現時点では不明である。

少し使ってみての感想は、Intel Compute Stick での SlingPlayer は、「意外といける」。しかし、このスティック型のコンピュータは、機器個体の寿命が短いような気がしてならない。二年はもってほしいがどうなのだろう。今後このタイプのコンピュータは、タブレットが出始めたときのように、伸び悩むコンピュータ販売を横目に、今後数年は伸びていくと思われる。そして、高性能化するスティックと低価格化するスティックの二極に分かれ、その後、低価格のスティックのみ生き残り、少しずつスペックアップしていくような気がする。

最後に、「SlingCatcher」として、Compute Stick と NUC どちらがいいか、と訊かれたら、個人的には 速度、安定性、拡張性、(たぶん)堅牢性の優れた「NUC」をお薦めするが、NUC より価格が安いことや設定の手軽さから「Compute Stick」もありだろう。しかし、NUC を置くことができない壁掛けや宙吊りのテレビなどに Compute Stick という選択肢があるのは素晴らしい。

WEB版SlingPlayer の広告を止める方法

0
Filed under SlingPlayer

最近の SlingPlayer は、バージョンがアップされる度に、使いにくくなっていく。そして、ついにブラウザ上の SlingPlayer の周りに広告まで出始めた。一体どうなっているのだろうか。これを簡単に止める方法はないか?と考えていたら、要は広告のスクリプトをブラウザ上で動作させなければよいと気がついた。

Firefox のエクステンションで「No Script」を使い、余計(?)なスクリプトを止めた。すると、広告が出てこなくなった。あー、すっきりした。

もしかして、広告を出した目的は、1) 広告費を稼ぎ、2) 次に、PC版有料SlingPlayerを売り始め、スマートフォンのアプリケーションの様に広告を止めたければ有料の SlingPlayer を購入しろ、という感じなのだろうか?

デスクトップ版SlingPlayer にも広告が出始めたが、これは、特定のポートをブロックすれば広告を止める事ができるかな?時間があるときに調べてみよう。

Slingbox をテレビで視聴する最高の方法とは?

0
Filed under SlingCatcher, SlingPlayer

テレビで Slingbox を視聴するにあたって、SlingCatcher、Logitech Revue、Boxee Box、WD TV Live、そして Google Chrome Cast といろいろと試してきたが、この中で最善だと思われるのは専用の装置である「SlingCatcher」だった。しかし、Slingbox 350 以降の Slingbox に SlingCatcher はもう対応していない。そして、SlingCatcher そのものが過去のものとなり、なくなりつつある。

いままで、デスクトップ PC をテレビ隣に置き、そこからデュアルモニターの片方として、テレビに接続し、SlingPlayer を映していたが、もっとよい方法がないかと模索していた。そしてついに、最高の方法を見出した。それは、Intel NUC である。

Intel プロセッサーを載せた 115×111×48.7mm の筐体は、スッキリとしており、テレビの前に置いてもまったく概観の邪魔をしない。プロセッサーは、i7、i5、i3、Celeron とあり、どれを購入するか悩んだが、SlingPlayer が主な目的なので、それほどのパワーは必要ない。しかし、Celeron でまともに動かなかったら悲しいので、i3 の NUC5i3RYH を使ってみることにした。

早速、NUC5i3RYH を購入。SSD は、Crucial の BX100 120GB を選択。理由は購入した場所で一番安かったから。そして、メモリは増設できるので、とりあえず Crucial の 4GB 一枚とした。OS は Windows 8.1。最後に、Wireless キーボードと HDMI-mini HDMI アダプターも購入して準備万端である。

早速組み上げて、テレビに接続。BIOS、OS のアップデートをして、準備完了。まず、思ったのは、Windows 8.1 と SSD の組み合わせは、とにかく起動が早い。SlingCatcher や WD TV Live の起動など、恐ろしく時間がかかるので、かなりの辛抱強さが要求される。それが改善されただけでも、かなりの好印象である。

現在、PC 用の SlingPlayer は、デスクトップ版と WEB版がある。まずは、WEB版を試してみる。Firefox をインストールして、SlingPlayerプラグインをインストール。接続する Slingbox は、Slingbox 350 だ。それに東芝のDVDレコーダが接続してある。

接続しようとしてみると……SlingPlayer の接続前の「コマーシャル」、そして、画面上に出てくる「広告」を何とかしてくれ!うざい!

そして、接続すると、映像が綺麗だ!流石、PC ならではの安定感。WD TV Live など、突然の切断で何度悲しい目にあったか。次に、デスクトップ版 SlingPlayer をインストール。接続しようとすると、また広告か!そして、接続するとこれも綺麗である。デスクトップ版の方が若干使い勝手がいいような気がする。デスクトップ上のアイコンをダブルクリックですぐに接続できるからである。

暫く視聴していたが、画質を AUTO にしておくと、画質が切り替わるときに画面が黒くなるので、すこし焦った。画質は、固定にしてもいいかもしれない。しかし、これはいい。PC なので、30分の映像バッファーが使える。少し止めておきたいときに便利!NUC5i3RYH + SlingPlayer は、SlingCatcher以上である。最高だ!

そして、NUC5i3RYH は、小型といえど「PC」なので、何でもできるところが良い。カメラを接続して「スカイプ」もいいし、DVD/Blurayドライブを接続して、映画をみてもよい。Logitech Revue、Boxee Box、WD TV Live などは、Youtube などみれたり、メディアプレイヤーの機能もあったのだが、とにかく動きが遅いので、いまいちだった。もっとも NUC5i3RYH とは価格が違うので当たり前といえば当たり前なのだが……。

現状で Slingbox をテレビで視聴する最高の方法は、Intel NUC のような小型PC をテレビに接続することである。やはり、行き着くところはここだったか、という感はあるが。

Reference:

“IntelR NUC Products”. http://www.intel.com/content/www/us/en/nuc/products-overview.html

HUMAX WA-7000 リモコンデータ解析

0
Filed under SlingPlayer, リモコン用.bin, リモートコントロール

WA-7000 のリモコンデータを解析した。HUMAX か、一般的なプロトコルじゃないんだろうな、と思っていたら、やっぱり違った。もっと簡単なものにしてくれればいいのに!

New SlingPlayer for Windows!

1
Filed under SlingPlayer

新しいデスクトップ版SlingPlayer がダウンロードできるようになった。

メインで使っている Windows Vista の PC にインストールしようとしたら、「この SlingPlayer は、Windows 7 以上のみ」とメッセージが出てきてインストールできなかった。なので、サブ機の Windows 7 にインストールした。

第一印象としては、この新しいデスクトップ版SlingPlayer は、WEB版SlingPlayer をブラウザなしで使えるよう切り取ったような感じである。動作は結構軽く、悪くない。しかし、画質、操作、動作共に、WEB版と同じであり、特に新しく追加された機能などはなく、真新しさはない。

いや、逆にこの新しいデスクトップ版SlingPlayerは、画面を止めておける「バッファー」が無くなってしまったので、機能が減っている。その分、動作が軽いということか。

以前のデスクトップ版と比べると、動作が軽くなり Slingbox 350 などの PRO-HD 以降の新しい Slingbox にアクセスできるのはプラス、そしてバッファーが消えたのはマイナス。コマーシャルをスキップできるバッファー機能は結構便利なのだが。

ちなみに、この新しい SlingPlayer は、Slingbox Classic にもアクセス可能だ。

「Desktop Apps」

http://www.sling.com/Products/SlingplayerApps.aspx

XPERIA Z ULTRA 購入

0
Filed under SlingPlayer

日本の携帯電話会社は XPERIA Z ULTRA を今年(2014)に入ってから取り扱い始めたようだが、シンガポールでは去年の夏過ぎには出ていたような記憶がある。あまり売れなかったのか、最近シンガポールの携帯電話会社で XPERIA Z ULTRA を(契約にもよるが) 48ドル(約3900円)で出し始めた。さらに、WEB で夜間購入すると 30ドル引きとなるサービスがあり、18ドル(約1480円)となる。これは買わない訳にはいかない、と深夜、購入ボタンを押してしまった。

現在は、愛用の XPERIA Z 、 NEXUS 7 3G(2012)、そして Thinkpad X61 を持ち歩いているが、携帯電話とタブレットを何とか一つにできないかと考えていて、XPERIA Z ULTRA のような端末は、気になっていた。また、NEXUS 7 (2012)の速度や解像度も「慣れすぎ」てきたので、ワンランク上の別の端末がほしかったというのもある。

そして、購入ボタンを押したその日の午後、XPERIA Z ULTRA を使うにあたり、バッテリーの持ちが気になるのでついでに SONY SHOP で純正の POWER COVER「CP12」 も購入した。さらに、POWER COVER の隣にあった、ブルートゥースハンドセット「SBH52」 が少し安くなっていたので、これも買ってしまった。店員に2つ買うのだから少し安くしてくれ、と粘ると 10%まけてくれた。しかし、ついでにスクリーンプロテクターと 32GB の SDカードも購入してしまい、結局、結構な出費になってしまった。XPERIA Z ULTRA が安かったからいいか、ということにする。

「CP12」を購入した翌日、XPERIA Z ULTRA が届いた。早速箱を開け、電源を入れると…画面が綺麗だ!NEXUS 7(2012)とは違う!いつも使うアプリケーションをインストールし、設定を行う。サクサクと動き素晴らしい。SlingPlayer については、どうやらタブレット版ではなく、携帯電話版をインストールするらしい。ということは、現在も現役である初代の「Slingbox Classic」に接続でき、そして「custom」ボタンも使えるはずである。早速試してみると、初代 Slingbox に接続できた!「custom」ボタンも使える!

さて、設定も終わったので、XPERIA Z ULTRA 一台で、と思いつつ、まだ Z に未練があり、Z と Z ULTRA の二台持ちである。今後 Window 8 の 8~9インチタブレットでいいものが出てきたら買うつもりでいるが、購入したら、Z ULTRA と Windows 8 タブレットの二台で行く。

最後に、今年入って XPERIA Z2 が発売され、そしてこれから XPERIA Z ULTRA 2 が出てくる噂がある。しかし、一周遅れぐらいのスペックと価格がちょうど良く感じるのは、年を取ったせいなのか……。

Slingbox のテレビへの出力

1
Filed under SlingPlayer

Slingbox から送られてくる映像をテレビに出力するためには、大きく分けて二つの方法がある。一つは、SlingCatcher や WD TV Live などの機械を使う方法、そして二つ目は、PC やタブレットになどに出力されているものをテレビに映す方法である。

一つ目の方法は、SlingPlayer が導入されている機器が必要となる。専用の機械であった「SlingCatcher」の販売が終わり、現状「SlingCatcher」として使えるのは、以下の機器となる。

1) Roku
2) WD TV Media Players
3) Sony Internet Player with Google TV
4) Netgear NeoTV
5) Boxee Box
6) Logitech Revue

どの機器も操作や起動時間などに一長一短があり、どの機器が一番いいとは言えないが、チャンネルが変えやすいようにリモコンに「数字ボタン」があるものがいいと思う。あとは、使用者の好みである。しかし、これらの機器の欠点は、「動きが遅い」ことである。チャンネル一つを変えるにも少し時間がかかる。これらの機器から Slingbox に接続されている DVD/Blurayレコーダーの操作など、結構辛いかもしれない。

次に、二つ目の方法で、PCの画面をテレビに出力するのであれば、PCをテレビの近くに置いておく必要がある。現在デスクトップをテレビの近くに置き、デュアルモニタの片方として、テレビを直接接続している。チャンネルの変更は、ワイヤレスマウスで行なっている。デスクトップをリビングルームに置いて、見苦しいというのであれば、ノートパソコンでもいいだろう。あまりテレビで視聴しないので、これで十分だが、もし良くテレビ上で視聴することが多いなら、PC の起動や SlingPlayer の立ちあげなどが面倒かもしれない。(PCを常に立ちあげておくというのでもいいが)しかし、この方法は一点利点がある。それは、PCから操作するので、操作が軽快に行えるということである。DVD/Blurayレコーダーの操作など「一つ目の方法」に比べ、かなり楽に行える。

また、二つ目の方法の続きだが、携帯電話やタブレットの画面をテレビに飛ばすという方法もある。もし、それらの機器に HDMI などが付いていれば、直接テレビに接続することができるが、ない場合は、Miracast などを使う必要がある。この場合、「Miracast/WiDi対応ワイヤレスディスプレイアダプター」が必要となり、さらに、そのアダプターでも、重要なのが、WIFIでインターネットに接続しながら、テレビに画面を送れることが必須である。(Miracastしながら、3G/LTEでインターネット接続することは可能なようだが、いろいろな点から WIFI の方がいいだろう)ただ、これは試したことがなく、対応機種も限られているようだ。まあ、機会があったら、試してみたい。

NeoTV Streaming Player NTV300

1
Filed under SlingCatcher, SlingPlayer

所有している SlingCatcher が次々と壊れていく。もう寿命なのだろう、と諦めた。SlingCatcher の利点は、操作の速度が早いことだ。特に、Slingbox に DVDレコーダーなどを接続して使っているのであれば、テレビの画面上で操作するには、SlingCatcher 以外ではとても苦労する。

SlingCather は、まだ売られていないことはないが、結構高い。米アマゾンで 700ドル程もする。これを買って、二年程で壊れるのではかなわない。SlingCatcher の代わりになる別のものを買った方がいいと判断する。

現在、SlingCatherの代わりにテレビに映像を出力できるものは、下記となる。

1) WD TV Live
2) Sony Internet Player with Google TV
3) Netgear NeoTV

しかし、これはは全て SilngCather のような操作はできない。チャンネル切り替えさえ、時間がかかる。とても DVDレコーダーを操作する気にはなれない。

それでも現在使用している WD TV Live より良い物はないだろうか、と別のものを試してみることにした。SONY の Internet Player にするか、NeoTV するか考えてみたが、まずは価格の安い NeoTV を試してみることに決定。そして早速購入してみた。

NeoTV でまず、気になったのは、リモコンに数字ボタンがないのでチャンネルが直接変えられないことだ。しかし、NeoTV にも種類があり、今回購入したものは NTV300 だが、上位機種の NTV300SL だと、リモコンの後ろに小さなキーボードが付いているので数字ボタンを直接押すこともできるかもしれない。操作の速度は……あまり WD TV Live と変わらない。NeoTVに一点良い所があるとすれば、WD TV Live に比べ起動が早いことである。

おそらく、DVDレコーダーなどをテレビ画面で操作したいのであれば:
1) PC を テレビに HDMI で直接接続して、テレビ側に出力
2) 何かしらの方法でタブレットやスマートフォンの画面をテレビに出力

という、二つの方法のどちらかがいいかもしれない。

とりあえず、PC を テレビで接続して、ワイヤレスキーボードやマウスで遠隔操作かな。ただ、とにかく安く、テレビ画面で Slingbox を見たい、というのであれば、NeoTV で十分だ。

References:

“NeoTV Streaming Player”.
http://www.netgear.com/landing/stream/tv/#neotv#compare

XPERIA Z 購入…

0
Filed under SlingPlayer

長く愛用していた携帯電話 HTC Sensation が壊れた。

不慮の事故により HTC Sensation が手から滑り落下した。床へ当たり、その衝撃で後ろの蓋が空き、バッテリーが飛んだ。バッテリーを入れなおすと電源が入ったので、問題ないと思っていたら、突然電源が落ちてしまう事象が発生している。通話中でも突然電源が落ちてしまう。これではどうにもならない。新しい携帯電話は、Snapdragon 800 搭載機まで、待ちたかったのだが、仕方がない。そこで、前から少し気になっていた「XPERIA Z」を購入することにした。

2年契約で購入価格は、198ドル。日本円では、今のレートで15,700円くらいか。ちなみに、シンガポール版には、充電用のドックが付いていない。その代わりか知らないが、丸いスピーカーがついてきた。このスピーカーは音声通話機能もあり、意外と良さそうだ。

XPERIA Z を暫く使った感想は、「素晴らしい」の一言である。通話の音声品質も上がり、クアッドコアと LTE 通信でストレスなく動いてくれる。愛用(?)のボブルビーケースにも、ギリギリ入る。

さて、XPERIA Z の設定である。現在 Nexus 7 にインストールしている SlingPlayer は Tablet 版なので、HTC Sensation にインストールされていた古い「SlingPlayer」を使ってみることにした。

XPERIA Z へ、古い SlingPlayer のインストールが無事完了し、まず Slingbox Classic に接続してみる。おお、接続できる!XPERIA Z から Classic に接続できる。Nexus 7 からは Slingbox Classic に接続できないので、Slingbox Classic に接続できるかできないかは、ソフトウェアのバージョンによるのかもしれない。普通に綺麗に映っている。コントロールも全て使える。良かった、良かった。

XPERIA Z は Nexus 7 と併用しているので、今のところ電池の持ちは気にならない。本体にストラップが付けられるので、落とす心配も少ないかもしれない。そして、国外への電話が多いので、スカイプがまともに動いてくれるのは、とても有り難い。唯一気になるのは、画面に埃がつきやすいことである。(新しい機械なので、気にしすぎるだけか?)この「XPERIA Z」は、買って良かったと思える端末であることには間違いない。

Nexus7 の不満

0
Filed under SlingPlayer

Nexus7 に タブレット版SlingPlayer をインストールしたてみたが、Slingbox Classic に接続できないのにはとても残念だった。(HTC Sensation からは Classic に接続できる。)しかし、それはいいが、この タブレット版の SlingPlayer は、Slingbox SOLO または PRO-HD に接続しても「custom」キーが使えないようだ。一体どうやってレコーダーコントロールすればいいのか?! PCにリモート接続してコントロールするしかないのだろうか。

今のところ、Nexus7 を外にも持ち歩いて、HTC Sensation と併用している。そして、この「二台持ち」にも大分慣れてきた。初めは、それ程タブレットの必要性は感じられなかったが、画面の大きく、「サクサク」と動き、すぐ取り出して使える端末があるのは、別に悪くはない。しかし、Nexus7 は、何故か「SMS」「テザリング」の機能がない。あってもいいと思うのだが。

SMS は、まあいいが、Nexus7 にテザリングの機能は欲しい。調べてみると、ルートを取ってモジュールをインストールすれば Nexus7 でデザリングできるようになるという。やってみたら、ポータブルホットスポットの設定が復活した。しかし、面倒なのは嫌だ。始めからテザリングの機能ぐらい付けて欲しい。

でもやっぱり、スマートフォンとタブレットの「二台持ち」よりも、画面が大きく動きの早いスマートフォンが一台あればいいかな。