地デジ | Slingbox Fan - Part 2

Category Archives: 地デジ

I-O DATA HVT-BCT300

0
Filed under 地デジ

HVT-BCT300 という機器が、2月の中旬に I-O DATA から発売される。地上デジタル、BS、CS のチューナーだが、この機器は外付けハードディスクに録画ができる機能が付いている。

もし、録画を目的としてこの機器の購入を検討した場合、DVD レコーダーと比較してみてどうだろうか?

始めに、HVT-BCT300 はどの程度の操作性なのかまだ分かりかねるところだが、一見したところ、録画専用の機械であるDVDレコーダーに勝る利便性は見られないようだ。

次に、HVT-BCT300は録画モードが変更できないことが悔やまれる。1時間の録画で約10.5GB 必要とのことで、1T の HDD だったら約88時間の録画となる。もっと長時間録画できるよう、録画モードを選択できるようにしてほしいところだ。

そして最後に、価格が少し高めではないだろうか。現在のWEB上での価格は 22000円程度となっている。録画モードが選べないことから2Tバイトのハードディスクを準備するとして、13000円程必要となる。チューナーとハードディスクを合わせて35000円程。DVDレコーダーが買える金額である。しかも、最近のDVDレコーダーは外付けハードディスクをつなぐことも可能だなので、外付けハードディスクが接続できることに特徴はない。今後価格が少し下がるであろうがちょっと高いかもしれない。

現時点で録画を目的とし、HVT-BCT300 か DVDレコーダーか、といったら、DVDレコーダーが選ばれるかもしれない。まあ、そもそも HVT-BCT300 は、地上デジタル、BS、CS のチューナーで、録画機能はおまけ的なものなのかもしれないが。今後、録画モードが改善したら、Slingbox用に一台購入を検討するだろう。

(もう一言だけいわせてもらうと、HVT-BCT300 電源を落としても、外付けハードディスクの電源が入ったままになることもなんとかしてほしい)

Referece:

「アナログテレビで地上・BS・110度CSデジタルが見られる、地上・BSデジタルが録れるチューナーHVT-BCT300」

http://www.iodata.jp/product/av/tuner/hvt-bct300/feature.htm

ミニ B-CAS

0
Filed under 地デジ

小型B-CASカードの運用がスタートした。サイズは、携帯電話のSIMサイズのようだ。そもそも小型B-CASカードにどんな意味があるのだろうか?

まず、機器の小型化が可能になる。いままでのサイズでは挿入部分にも同様の大きさが求められたため、機器を小さくすることができなかったが、カードを小型化することによって、機器をもっと小さくすることが出来るようになる。携帯電話のような機器でも、地デジが受信できるようになるだろう。

しかし、もっと重要な点として、小型B-CASカードが普及すれば、B-CAS独占状態はさらに揺るぎ無いものになるかもしれない。B-CAS 見直し案では、「B-CASカード」に代わる新しい「保護機能のチップ化」や「コンテンツ保護機能のソフトウエア化」などの議論がされたが、小型B-CASカードは、それらが出てくる前に各メーカが採用させよう、という意図があるのかもしれない。そして、国民の間にゆっくりと、「地デジイコールB-CAS」のようなイメージを作り上げ、違和感を無くしておくということなのであろうか。

B-CASは、「廃止」という議論をこのまま無くそうとしているのだろうか。

References:

「B-CAS」

http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

「地デジ専用「miniB-CASカード」が11月より運用開始-小型の地上デジタル放送受信機を実現可能に」

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091102_326146.html

「小型化するB-CASカード、その狙いはどこに」

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091109/194147/

I-O DATA HVT-TLSD

0
Filed under 地デジ

I-O DATA からまた新しいチューナーが出る様だ。今度のチューナーは、D端子、コンポーネント接続なしのコンポジットのみである。価格も5,000円前後になると思われる。接続端子をコンポジットのみにして価格を抑えたのはいいが、せめて S-Video は付けて欲しかった。しかし、おそらく接続するテレビはアナログのそれ程大型ではないものを想定していると思われるので、コンポジットで十分なのかもしれない。このチューナーは Slingbox Classic あたりと繋ぐのがいいかもしれない。

Reference:

「HVT-TLSD」

http://www.iodata.jp/product/av/tuner/hvt-tlsd/index.htm

動作確認済.binファイル

0
Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール, 地デジ

Slingboxfan.comでは、こちらで作成した.binファイルにより、Slingboxから以下の機種のリモコン操作を確認しています。当サイトよりSlingboxをご購入された方には、無償で.binファイルをご提供致します。不明な点がございましたらご連絡頂ければと思います。slingboxfan.com@gmail.com

1. I-O-DATA HVT-T100

2. I-O-DATA HVT-BT200

3. 東芝 VARDIA RD-X8

4. 東芝 VARDIA RD-S304K(RD-X8の.binファイルにて動作確認)

5. 東芝 VARDIA RD-E304K(RD-X8の.binファイルにて動作確認)

6. マスプロ DT610

7. マスプロ DT35

8. ダイナコネクティブ DY-STB250

9. スカパー!HD対応チューナー SP-HR200H

バッファロー DTV-H300

1
Filed under 地デジ

11月下旬にバッファローから DTV-H300 という新しい地デジチューナーが出る。このチューナーは、D端子、S端子、コンポジットを搭載しているにもかかわらず、8000円以下で手に入る、中々良さそうな感じのチューナーだ。

Reference:

「DTV-H300」

http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/chideji/dtv-h300/

地デジの B-CAS は廃止されるのか?

0
Filed under 地デジ

地デジの B-CAS は廃止されるのだろうか?昨年(2008年) 9月に B-CAS 見直し案が出てから、どうやら本気で B-CAS とは別に、無料の地上デジタル放送に限り、ソフトウェアや小型チップでの新たな著作権保護方式(暗号化方式)を導入する方向で動いているらしい。B-CASカードが必要なくなれば、より小型化・低コスト化が可能で、低価格の受信機が製造できるようだ。そうなればもっと安い地デジチューナーが出てくるかもしれない。しばらくは B-CAS と並存するようだが、いずれは地デジの B-CAS は無くなってしまうのだろうか。

References:

「B-CAS」
http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

「崩壊するB-CAS 今地デジ対応テレビを買うのは損! 」
http://ascii.jp/elem/000/000/432/432268/

「地デジの著作権保護に新方式 B-CAS独占批判受け」
http://www.asahi.com/politics/update/0706/TKY200907060399.html

ダイナコネクティブ DY-STB250 の画質

0
Filed under 地デジ

DY-STB250 を S-Video で Slingbox SOLO へ接続

以前、学習リモコンとJP1ケーブルでダイナコネクティブ DY-STB250 用の.binを作成し、これにより問題なく Slingbox SOLO からコントロール出来ている。学習リモコンとJP1ケーブルさえあればどんなものでも Slingbox で動かすことができるだろう。DY-STB250 は、S-Video で Slingbox SOLO へ接続しているが、なかなか綺麗に映っている。

ダイナコネクティブの地デジチューナーの中でも、DY-STB250 を選らんだ理由は「S-Video」端子がついているからである。当然のことだが、「S-Video」は「コンポジット」よりはるかに良い。画質が良いものがいいなら、「コンポーネントケーブル」を何故使わないのか、と言われそうだが、価格の安い地デジチューナーと Slingbox をコンポーネントで接続すると「暗部ノイズ」などが発生して、S-Video より映りが悪くなる場合があるのでそれはしないことにしている。それにどの道、Slingbox SOLO では HD を送信できないのである。(しかし、DVDレコーダーと Slingbox SOLO をコンポーネントケーブルで接続するのは「あり」だ)

画質も悪くないダイナコネクティブ DY-STB250 だが、あまり好きではないところを一つだけ挙げるとしたら、それは「音質」だ。

ダイナコネクティブ  DY-STB250 リモコン解析

0
Filed under リモートコントロール, 地デジ

DY-STB250 を購入してみた。早速、リモコンコードを学習リモコンで取得したが、このリモコンは既知のプロトコルを使っていたのでデータを解析する必要もなかった。うーん、残念。.binファイルを作成したが、本体を設置する時間がなく、DY-STB250 は今放置状態になっている。.binファイルは問題ないと思うが、まだ Slingbox からのコントロール試していない。いつになることやら。

地デジチューナー

0
Filed under 地デジ

2011年7月24日正午のアナログ停波を二年後に控え、最近は安価な地デジチューナーが結構出てきている。Slingbox に接続する地デジチューナーにも選択肢が増えてきたのでうれしい限りだ。

地デジを見るにあたって、地デジチューナーと Slingbox PRO-HD をコンポーネントケーブルで接続するのがベストな構成だが、安価なチューナーで、D端子を持つ地デジチューナーはそれ程無い。基本的に地デジチューナーは、アナログ停波後、取り合えずアナログテレビに取り付けて地デジをみるためのものなので、「コンポジット」端子のみとし、価格を下げているものが多い。日本には、Slingbox Classic ユーザーが多いので「コンポジット」で十分かもしれない。しかし、せっかくの地デジ、海外でも High Definition で見て欲しい。

以下に最近の地デジチューナーについて簡単に紹介する。価格は 2009年8月5日時点のもの。

ピクセラ PRD-BT100-P00
発売日:2009年 6月上旬
価格:7,600円前後

出力端子は、コンポジットのみ。番組表、視聴予約あり。
UHF、BS など混合させると特定のチャンネルが受信できないことがあるらしい。その場合は、分波器を使用して接続すると改善されるとのこと。

———————-

バッファロー  DTV-S31A
発売日:2009年 7月中旬
価格:8,500円前後

出力端子は、コンポジットのみ。番組表あり。
Slingbox Classic につなぐのであれば、 Read More »

アナログ停波まで、あと2年

0
Filed under 地デジ

アナログ放送の終了予定は、2011年7月24日の正午となっているようだ。ということは、今月(2009年7月)で丁度あと2年となったのだ。しかし、アナログテレビは本当に使えなくなってしまうのか?

一応、救済策として、ケーブルテレビで、「デジタル」を「アナログ」へ変換して配信し、アナログテレビが引き続き利用できるようにすることを検討しているようだ。(全部のケーブルテレビがそうなる訳ではないようなので確認が必要。ちなみに、あるケーブル会社の店員に訊いたところ、「(その会社では)それはやりません」と言っていた。) もし、引き続き Slingbox Classic のチューナーを使いたいのであれば、Slingbox Classic のユーザは、ケーブルテレビに加入すればいいことになる。まあ、地デジを受信できる環境にして、地デジチューナーか DVDレコーダーを Slingbox Classic に接続するという方法をみんな取ると思うが。

集合住宅やホテルなどで、コストの点から地デジにできないというような場合を除いて、わざわざケーブルテレビに加入してまで、アナログテレビを使い続けたいと思うような一般人は少ないだろう。とすると、加入者が増えるわけでもない、ただ余分なコストをかけるようなことは「やらない」と考えるケーブルテレビも少なくないのかもしれない。

Reference:

「アナログ停波まで残り2年、これだけある課題」

http://it.nikkei.co.jp/digital/column/functions.aspx?n=MMITel000021072009