2010 2 月 | Slingbox Fan

Monthly Archives: 2 月 2010

Windows7 Professional 64bit版における SlingPlayerの不具合

0
Filed under SlingPlayer

Windows7 Professional 64bit版に SlingPlayer をインストールすると、SlingPlayer の起動直後にフリーズしてしまう、との報告があり調べていたが、ご報告いただいたご本人で解決されたようだ。

その方法は、

1) C://ProgramData/Sling Mediaをフォルダごと一度削除
2) SlingPlayerの再設定

※XPのディレクトリは、C://Documents and Settings/All Users/Application Data/Sling Media

以前、Windows XP または、Vista で SlingPlayer が使えないとの報告も何件がいただいていたが、上記方法を試して欲しい。

HDMI-コンポーネント コンバーター

0
Filed under スリングボックス全般

もしHDMIをコンポーネントに変換することができれば、と思ったことはないだろうか。これを可能にするのが「HDFury」という装置である。少し見た感じでは、かなり良さそうだ。ただこの装置の問題点は、2万円前後と値段が高めなことである。もう少し安くならないのであろうか?

しかし、そもそも何故 Slingbox に HDMI がないのであろうか?

References:

「HDFury2」

http://www.hdfury2.com/

「HDFury2 HDMI to Component/RGB Converter」

http://www.curtpalme.com/HDFury2.shtm

Slingbox を遠隔から再起動する方法

0
Filed under Firmware

もしかしたら、Slingbox を遠隔からどうしても再起動したい場合があるかもしれない。しかし、Slingbox 自体にはその機能はない。どうすればいいのか?

その方法は現在一つだけ見つかっている。それは、ファームウェアを無理やりアップデートしてしまう方法である。ファームウェアをアップデートすると Slingbox は自動的に再起動するのである。詳細については、以前「ファームウェアのロールバック方法」として紹介しているので、そちらを見ていただきたい。

http://slingboxfan.com/?p=30

これは、危険な方法なので、どうにもならない時以外、使うことを推奨しない。

I-O DATA HVT-BCT300

0
Filed under 地デジ

HVT-BCT300 という機器が、2月の中旬に I-O DATA から発売される。地上デジタル、BS、CS のチューナーだが、この機器は外付けハードディスクに録画ができる機能が付いている。

もし、録画を目的としてこの機器の購入を検討した場合、DVD レコーダーと比較してみてどうだろうか?

始めに、HVT-BCT300 はどの程度の操作性なのかまだ分かりかねるところだが、一見したところ、録画専用の機械であるDVDレコーダーに勝る利便性は見られないようだ。

次に、HVT-BCT300は録画モードが変更できないことが悔やまれる。1時間の録画で約10.5GB 必要とのことで、1T の HDD だったら約88時間の録画となる。もっと長時間録画できるよう、録画モードを選択できるようにしてほしいところだ。

そして最後に、価格が少し高めではないだろうか。現在のWEB上での価格は 22000円程度となっている。録画モードが選べないことから2Tバイトのハードディスクを準備するとして、13000円程必要となる。チューナーとハードディスクを合わせて35000円程。DVDレコーダーが買える金額である。しかも、最近のDVDレコーダーは外付けハードディスクをつなぐことも可能だなので、外付けハードディスクが接続できることに特徴はない。今後価格が少し下がるであろうがちょっと高いかもしれない。

現時点で録画を目的とし、HVT-BCT300 か DVDレコーダーか、といったら、DVDレコーダーが選ばれるかもしれない。まあ、そもそも HVT-BCT300 は、地上デジタル、BS、CS のチューナーで、録画機能はおまけ的なものなのかもしれないが。今後、録画モードが改善したら、Slingbox用に一台購入を検討するだろう。

(もう一言だけいわせてもらうと、HVT-BCT300 電源を落としても、外付けハードディスクの電源が入ったままになることもなんとかしてほしい)

Referece:

「アナログテレビで地上・BS・110度CSデジタルが見られる、地上・BSデジタルが録れるチューナーHVT-BCT300」

http://www.iodata.jp/product/av/tuner/hvt-bct300/feature.htm

SlingPlayer Mobile 2.0 for Windows Mobile

0
Filed under SlingPlayer

1月の終わりに、SlingPlayer Mobile 2.0 がリリースされた。このソフトウェアは、Windows Mobile Operating System version 6.1以降が必要とのことなので、Windows Mobie 5.0 を使っている身としては、まだ試してはいない。SlingPlayer Mobile 1.6 からの大きな変更点としては、Sling Account にログインするようになったことと、そして指で操作できる(iPhone版のような)インターフェースとなったことのようだ。 サポートされる Slingbox は、SOLO、PRO-HD、PRO のみだが、実際は Classic でも使える様子。正直、この SlingPlayer Mobile 2.0 にはあまり興味をそそられない。それよりも早く Flash 版が出てこないかと願うばかりだ。

References:

「Download SlingPlayer Mobile」
http://support.slingbox.com/go/dl-spm-winphone

「SlingPlayer Mobile 2.0 For Windows Mobile」
http://www.ubergizmo.com/15/archives/2010/01/slingplayer_mobile_20_for_windows_mobile.html

「Sling Player Mobile 2.0 coming to Windows Mobile」
http://www.electronista.com/articles/10/01/26/interface.redesigned.for.finger.navigation/

Sling Media のビジネスプラン

0
Filed under スリングボックス全般

2010年に入り、Sling Media はサイトをはっきりと二つに分けた。www.slingbox.com は一般消費者向け、そして www.slingmedia.com はプロバイダ向けだ。

今年の1月5日に発表された Sling Receiver 300、Sling Monitor 150、Slingbox 700U、そして Sling Touch Control 100 は、全てプロバイダ向けの機器となっている。そのため、www.slingbox.com にはその説明は一切見られない。これらの機器については、オンラインショップや店頭に並ぶことはないとのことだ。

そして、一般消費者向けの機器は、以前と変わらず PRO-HD、SOLO、そして SlingCatcher となってる。最近、ファームウェアのアップデート等もないことから、一般消費者向けのビジネスはもう終わらせるつもりなのだろうかと疑う声も多い。しかし、Sling Media は、一般消費者向けの機器を発表するとの噂もある(新しい機器は SlingCatcher の後継機のような気がする)。

今後どのようにビジネスを展開しても、リソースがどちらかに偏ることの無いようにしてもらいたいものだ。

References:

Sling Media

http://www.slinemedia.com

http://www.slingbox.com