Slingbox での地デジ視聴 | Slingbox Fan

リモートからの地デジチューナ操作

Filed under リモートコントロール, 地デジ

リモートから地上デジタル放送を見るには、スリングボックスから地デジチューナをコントロールする必要がある。スリングボックスは、リモートからAV機器をコントロールすることが可能であるが、デフォルトでインストールされている操作可能な地デジチューナは限られている。HVT-ST200またはHVT-KD300などだが、これらは既に生産終了となっており、入手できるかも定かではない。IODATAによるリモコンサポート接続機器リストが、今後増えていくという事などもはや期待できない。IODATA(輸入総代理店 伊藤忠)は、スリングボックス自体を既に”生産終了“としており、Classic の上位機種なども発売しないため、既に手を引いていると思われるからである。なので、今スリングボックスを購入するときに悩むのは、”リモコンサポート機器”の少なさではないだろうか?しかし、リモコン操作データは個人でも十分に作成可能なのである。リモコンの赤外線信号を解析し、スリングボックスにそのデータを送ってやればいいのだ。これは恐らくどんなリモートコントロールでも可能であろう。 .bin の作成方法についてはまた紹介していく予定。


2 Comments

  1. Tom
    Posted 2008 年 11 月 30 日 at 9:12 PM | Permalink

    リモコンデータの作り方期待しています。よろしくお願いいたします

  2. admin
    Posted 2008 年 11 月 30 日 at 11:25 PM | Permalink

    順次アップしていきますので、お待ちを!

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*