SlingCatcher の機能 ② - SMB 接続 | Slingbox Fan

SlingCatcher の機能 ② - SMB 接続

Filed under SlingCatcher

「この機能が必要か」、または「これは使える機能か」、というような議論は一先ず置いておいて、SlingCatcherは、 SMB で別の場所に置いてある Windows PC や Server のフォルダや Samba にアクセスすることができる。まずは試していただきたい。

まず、PC で SlingCatcher からアクセスしたいフォルダを共有にする。

先ほど共有にしたフォルダを SlingCatcher の 『Setting』 で 『Storage』 で指定する。

『Storage』を 『Add Network Drive』 で指定。

『PC の名前』、および 『アクセスするフォルダ』 をここで設定。

My Media に戻り、先ほど設定したフォルダを指定。まず、フォルダのスキャンがかかる。

スキャンが終了すると、PCのフォルダ内のメディアが表示される。

mp3 を再生。

再生中は画面が Screen Saver になる。もっと気の利いた画面はないのか?


同じ共有フォルダの中に入っている wmv を再生。画面が荒いのは、荒い動画を視聴しているからだ。SlingCatcher のせいではない。

ちなみに、PC の中に保存されている DVD を再生しようとしたが、映像がスムースに送られてくることはなく、音も正常に聞こえてこなかった。DVD を SMB で見るにはちょっと重たすぎるのかもしれない。

この機能は、ちょっと音楽を聴くとか、ちょっとした動画ファイルを再生するにはいいだろう。しかし、音楽を聴くにも「リピート」や「シャッフル」などの機能はないし、「お気に入りリスト」を作ることもできない。また、参考までに flv を試したが無理だった。まだ中途半端な機能だが、今後ソフトウェアのアップデートで良くなっていくことを期待だ。まあ、お遊びとしては、面白い機能だといえよう。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*