Slingbox からのストリーミングを「画面キャプチャー」で録画 | Slingbox Fan

Slingbox からのストリーミングを「画面キャプチャー」で録画

Filed under 録画

Slingbox からのストリーミングを録画する方法として、「画面キャプチャソフト」も一つの手である。「画面キャプチャソフト」をいろいろ試してみたが、当然のことながら、それらは Slingbox を録画するために作られた訳ではないので、あまり良くない。しかし、一応録画ができるということで、数あるフリーの「画面キャプチャソフト」の中で一番良いと思うものを紹介する。

カハマルカの瞳 Ver.3.3 (フリーウェア)
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/milbesos/

1) アイコンをクリックしてソフトウェアを立ち上げる

2) Target に SlingPlayer を選択

3) Recording Size を選択

4) Recording Setting を変更

録画ファイルの容量を大きくしたくないので、以下の設定を行った
●フレームレートを20コマ/秒に設定
●サイズを60%
●サンプルサイズを32ビット

5) REC ボタンを押して、録画開始

上記の設定で5秒録画
ファイルサイズは24.4Mバイト

設定を変更
●フレームレートを20コマ/秒
●サイズを50%
●サンプルサイズ16ビット

上記の設定で4秒録画

ファイルサイズは10.4Mバイト (ダウンロード


One Comment

  1. S
    Posted 2010 年 1 月 11 日 at 9:51 PM | Permalink

    半年前のエントリーですが。。。
    MacOSX SnowLeopardのQuicktime Xには標準の画面キャプチャ機能があり、QuicktimeXとSoundflowerという仮想オーディオデバイスソフトを活用することできわめて簡単に画面をキャプチャすることができます。CPUパワーを食うのは難点ですが。
    この方法だとほぼ設定いらずなのでWindowsより簡単に録画が可能です。
    ちなみに紅白をSafari経由のHDストリーミングで視聴
    (画面は標準の大きさ)で、録画ファイルは約2.9GBでした。フルスクリーン表示すればフルスクリーンで録画しますよ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*