スカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」解析 | Slingbox Fan

スカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」解析

Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール

昨晩、SP-HR200H を使われている方と一緒に SP-HR200H のリモコンの解析を行った。

まず、学習リモコンでデータを取得し、IR.exe に落とすと、プロトコルは「Kaseikyo」と表示された。Remote Master で「Kaseikyo」を選択、そして「Device」「Sub-Device」などの情報を入力し、.bin を作成。早速、Slingbox へ .bin をアップロードしてもらったが動かないようだ。Remote Master 上で設定値を調整して何度か試したが動かない。そこで、改めてプロトコルの構成を確認することにした。

学習したタイミングデータは、以下のように示されている。

+3476 -1748 +452 -1306 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -1306 +452 -412 +452 -1306 +452 -412 +452 -1306 +452 -412 +452 -1306 +452 -1306 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -1306 +452 -412 +452 -1306 +452 -1306 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -1306 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -1306 +452 -1306 +452 -412 +452 -1306 +452 -1306 +452 -412 +452 -412 +452 -412 +452 -74748

まずデータを分析。

Lead in   : +3476 -1748
0            : +452 -412
1            : +452 -1306
Lead out : +452 -74748

次に、2進数へ変換し、8ビットで区切ってみる。

+3476-1748 10000000 01010101 10000101 10001000 00000000 11011000 +452-74748
+3476-1748 10000000 01010101 10000101 10001000 11000000 00011000 +452-74748
+3476-1748 10000000 01010101 10000101 10001000 00100000 11111000 +452-74748

全体で 48ビットの構成で、上位4バイトまで固定のデバイスコード、それに続く2バイトがコマンドコードのようだ。

Remote Master の「Kaseikyo」は、コマンドコードが「1バイト」しかないようなので、これを変更する必要がある。Protocol Builder を開いて、Device Code を「4 bytes」、Command Code を「2 bytes」に設定。そして、それぞれの情報を入力し、調整した。今度はどうだろう。

動いた!スカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」が Slingbox からコントロールできたようだ。よかった!

スカパー!HD など Slingbox PRO-HD ではかなりの画質で見れるに違いない。うーん。うらやましい。
スカパー!のように、チューナーが一つしかない場合でも、Slingbox によって、家のどの部屋でも また、家の外からでも見ることができるようになる。そして、この状況が、もっとも Slingbox の威力が発揮されるところであろう。

Reference:

「スカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」」

http://www.skyperfectv.co.jp/welcome/p_tuner.html


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*