ミニ B-CAS | Slingbox Fan

ミニ B-CAS

Filed under 地デジ

小型B-CASカードの運用がスタートした。サイズは、携帯電話のSIMサイズのようだ。そもそも小型B-CASカードにどんな意味があるのだろうか?

まず、機器の小型化が可能になる。いままでのサイズでは挿入部分にも同様の大きさが求められたため、機器を小さくすることができなかったが、カードを小型化することによって、機器をもっと小さくすることが出来るようになる。携帯電話のような機器でも、地デジが受信できるようになるだろう。

しかし、もっと重要な点として、小型B-CASカードが普及すれば、B-CAS独占状態はさらに揺るぎ無いものになるかもしれない。B-CAS 見直し案では、「B-CASカード」に代わる新しい「保護機能のチップ化」や「コンテンツ保護機能のソフトウエア化」などの議論がされたが、小型B-CASカードは、それらが出てくる前に各メーカが採用させよう、という意図があるのかもしれない。そして、国民の間にゆっくりと、「地デジイコールB-CAS」のようなイメージを作り上げ、違和感を無くしておくということなのであろうか。

B-CASは、「廃止」という議論をこのまま無くそうとしているのだろうか。

References:

「B-CAS」

http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

「地デジ専用「miniB-CASカード」が11月より運用開始-小型の地上デジタル放送受信機を実現可能に」

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091102_326146.html

「小型化するB-CASカード、その狙いはどこに」

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091109/194147/


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*