リモートコントロール .bin 作成方法 ① - 準備編 | Slingbox Fan

リモートコントロール .bin 作成方法 ① - 準備編

Filed under リモコン用.bin, リモートコントロール

Slingbox でAV機器を遠隔操作したいけど、Slingbox のリモコン対応リストに無い!対応していない!しかし、あきらめてはいけません。自分でリモートコントロール.bin を作成する方法があるのです!

リモートコントロール.bin 作成には、まず下記を準備する。

1) URC-8910 Learning Remote Controlebay でオーストラリアから購入)

URC 8910 が手に入らない場合、他のJP1コネクターをもったリモートコントロールでも可。

JP1コネクター。

2) JP1 ケーブルdiygadget で購入)

USBタイプ。diygadget で購入。

パラレルインターフェイスタイプ。ebay で URC-8910 を購入したらついて来た。このケーブルは自作したとのこと。

3) PC

パラレルタイプのJP1ケーブルを使用する場合、PCにパラレルインタフェースが必要。パラレルインタフェースをUSBに変換するケーブルがあるがそれは使用できない。USBを使う場合は、JP1のUSBケーブルが必要。

4) IR.exe 7.0.14

Learning Remote で学習した赤外線データをPCへ取り込む時に使用。取り込んだ後は、Protocol-Builderでプロトコルを作成する。

http://www.hifi-remote.com/forums/dload.php?action=file&file_id=4507

5) Protocol-Builder v4.00

これで新しいプロトコルを作成。これがなかなか面白い。

http://www.hifi-remote.com/forums/viewtopic.php?t=6999

6) Remote Master 1.86

Protocol Builderで作成したプロトコルからSlingbox用.binを作成する。

http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=30560&package_id=22596&release_id=599648

7) RDF Files

Remote Masterを動かすために必要。

http://www.hifi-remote.com/forums/dload.php?action=file&file_id=5338

リモートコントロール .bin 作成方法② - 赤外線データ学習編 へ続く。


2 Comments

  1. 新人
    Posted 2010 年 7 月 14 日 at 11:28 AM | Permalink

    自分も管理人さんと同じ学習リモコン&同じJP1 USBケーブルを買おうと思いますが、このJP1 USBケーブルは、EEPROMタイプですか?それともFLASHタイプでしょうか?diygadgetのサイトで両方出ていてどちらを買わないといけないのか?混乱しています。

  2. admin
    Posted 2010 年 7 月 14 日 at 11:37 AM | Permalink

    使用する学習リモコンによります。JP1ケーブルのところに、学習リモコンの説明があると思いますので、ご確認下さい。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*