I-O DATA HVT-BCT300 | Slingbox Fan

I-O DATA HVT-BCT300

Filed under 地デジ

HVT-BCT300 という機器が、2月の中旬に I-O DATA から発売される。地上デジタル、BS、CS のチューナーだが、この機器は外付けハードディスクに録画ができる機能が付いている。

もし、録画を目的としてこの機器の購入を検討した場合、DVD レコーダーと比較してみてどうだろうか?

始めに、HVT-BCT300 はどの程度の操作性なのかまだ分かりかねるところだが、一見したところ、録画専用の機械であるDVDレコーダーに勝る利便性は見られないようだ。

次に、HVT-BCT300は録画モードが変更できないことが悔やまれる。1時間の録画で約10.5GB 必要とのことで、1T の HDD だったら約88時間の録画となる。もっと長時間録画できるよう、録画モードを選択できるようにしてほしいところだ。

そして最後に、価格が少し高めではないだろうか。現在のWEB上での価格は 22000円程度となっている。録画モードが選べないことから2Tバイトのハードディスクを準備するとして、13000円程必要となる。チューナーとハードディスクを合わせて35000円程。DVDレコーダーが買える金額である。しかも、最近のDVDレコーダーは外付けハードディスクをつなぐことも可能だなので、外付けハードディスクが接続できることに特徴はない。今後価格が少し下がるであろうがちょっと高いかもしれない。

現時点で録画を目的とし、HVT-BCT300 か DVDレコーダーか、といったら、DVDレコーダーが選ばれるかもしれない。まあ、そもそも HVT-BCT300 は、地上デジタル、BS、CS のチューナーで、録画機能はおまけ的なものなのかもしれないが。今後、録画モードが改善したら、Slingbox用に一台購入を検討するだろう。

(もう一言だけいわせてもらうと、HVT-BCT300 電源を落としても、外付けハードディスクの電源が入ったままになることもなんとかしてほしい)

Referece:

「アナログテレビで地上・BS・110度CSデジタルが見られる、地上・BSデジタルが録れるチューナーHVT-BCT300」

http://www.iodata.jp/product/av/tuner/hvt-bct300/feature.htm


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*