初心者の為のSlingbox講座 (3) - Slingboxへの接続 | Slingbox Fan

初心者の為のSlingbox講座 (3) - Slingboxへの接続

Filed under スリングボックス全般


PRO-HD の後ろには、「アンテナ入力」、「高画質入力」、「標準画質入力」の三つの接続が用意されている。上下に同じ入力があるのは、白い上部が「IN」、黒の下部が「OUT」となっている。例えば、家の壁にアンテナ線が一本しかきていない場合、まず Slingbox のアンテナ「IN」につなぎ、Slingboxのアンテナ「OUT」からテレビにつなぐことで Slingbox とテレビの双方にアンテナを接続することが可能だ。

さて、地デジチューナーが準備できたら、今度は Slingbox との接続である。地デジチューナーと PRO-HD との接続には「D端子-コンポーネント」ケーブルを用意する。「D端子-コンポーネント」ケーブルは、安いものから高いものまで色々あるが、あまり安いものは推奨しない。「D端子-コンポーネント」ケーブルのD端子側を地デジチューナーへ接続し、コンポーネント側(緑、青、赤)は Slingbox の「IN」へつなぐ。

そして、D端子は、映像だけのケーブルなので、高画質接続枠内にある音声ケーブル(白、赤)も接続する。参考までに、PRO-HD は、S/PDIF(同軸デジタル音声端子)も付いているが、音声ケーブル(白、赤)で十分だ。

もし、高画質入力にDVDレコーダー等を接続したのであれば、ついでにアナログアンテナもつないでおきたい。これで録画中は、アナログで視聴できるようになる。

SOLO の接続についても、特に変わりはないので、説明する必要はないだろう。

ここで恐らく疑問を持たれていると思う。「どうやって Slingbox から地デジチューナーのチャンネルを変えるのか」と。ここで IRブラスタケーブルの登場である。続きは次回。

余談だが、Slingbox の後ろについている「USB」は今のところ何にも使われていない。想像するに、無線LANのアンテナが付けられる予定だったのか、またはハードディスクが接続され、そこに直接録画できるようにしたかったのかもしれない。

次回、初心者の為のSlingbox講座は、Slingbox からの操作について。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*