接続できない SlingCatcher | Slingbox Fan

接続できない SlingCatcher

Filed under SlingCatcher


SlingPlayer では接続できるにも関わらず、急に SlingCatcher だけ繋がらなくなったという話を聞くときがある。

海外から日本の Slingbox へ接続する場合、その経路上にはさまざまなキャリアが存在する。大きな括りで単純に考えても、海外側プロバイダ、国際回線、日本側プロバイダの三つを経由し、日本に設置してある Slingbox へ接続する。この内のどれかに「何か」が発生した場合、いままで接続できていたものが接続できなくなることがある。その「何か」とは故障であったり、メインテナンスであったり、または設定変更であったりする。

実際にパケットをキャプチャした訳ではないので、正確なことは分からないが、SlingCatcherから出るパケットは「DF」ビットが立っているような気がする。つまり、パケットが分割できない状態となっているのかもしれない。

もし、Slingbox までの経路上に、何かが起こり、いままでと違う経路を通ることとなり、そしてその経路上に MTU 値の違うものがいたら、いままで接続できていたものが、SlingCatcher では接続できなくなるだろう。しかし、SlingPlayer で見る分には問題ない。それは、経路上のMTU値がどうであれ、適切に分割なりの処理がされるからだ。

では SlingCatcher が突然接続できなくなったらどうすればいいのか?これはテストするしかない。一番始めにしなくてはならないことは、「別の回線」で試してみることだ。これは、勤め先でもいいし、知り合いの家でもいい。もしそれでうまく行けば、その回線に変えればいい。しかし、どの回線でも同様の結果となる場合は、次は日本側を疑わなくてはいけない。日本側の回線を切り替えることが容易ではないのであれば、Slingbox のレンタルを使ってみる手もある。

SlingCatcher も、開発段階で色々とあったから現在の仕様になったのだと思うが、それにしても問題が多すぎる。製造停止となっているので、今後のファームウェアアップデートは期待出来ない。その為、SlingCatcher にはあまり関わりたくないというのが正直なところだ。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*