XPERIA Z5 購入 | Slingbox Fan

XPERIA Z5 購入

Filed under スリングボックス全般

シンガポールの電話会社とは、一年ごとに機種変更ができる契約をしている。先日、インターネットで、その電話会社のWEBページを見たところ、XPERIA Z3+(海外では、Z4ではない)が、0円で機種変更ができるという。

一年程前に買った XPERIA Z3 は、購入後、半年ほど経った頃、落として液晶画面がバリバリに割れてしまった。こんなことは初めてである。HTC Sensation や XPERIA Z で何度も落としていたが割れたことなどなかったが、Z3 は打ちどころが悪かったのか、バリンと割れて、操作不能となった。ショックである。とりあえず、いまだ「現役タブレット」として使用している神機 XPERIA Z ULTRA に SIMカードを入れ替え電話機能を持たせた。そして、Z3 は、修理するか迷ったが、まだ新しく、もったいないので、一度シンガポールの秋葉原と呼ばれる「シムリム」で修理してみることにした。

シムリム内に携帯が修理できる場所はいくつかあり、それぞれ修理費用を聞いてみたが同じ 150ドル(12,400円程度)だという。同じ費用なので、適当なところで修理してもらうことにした。修理時間は、30分程度で、パネル交換後は防水機能はなくなるとのこと。まあ、いいだろう。

30分後、取りに行ってみるとパネルが交換されて直っていた。操作を確認し、まあ大丈夫かなと思ったので、150ドルを支払った。その時は気にならなかったのだが、家に帰ってよく見てみると、パネルと本体の間から液晶の光が漏れてくる。なんだろうとみると、パネルと本体の間に隙間が開いている。そしてさらに、何故かカメラのレンズに誇りが入っている。そう、これが「シムリム クオリティー」。過去の経験から、シムリムで持って行って文句をいっても大したことはしてくれなく、時間の無駄/疲れるだけなので、そのまま使うことにした。

その後、しばらく Z3 を使っていたが、隙間が気になるようになり、扱いが雑になり、液晶の隙間を指で持ち上げて、内部を見て遊んでいたら、液晶がバリンとまた割れた。修理から一ヶ月程のことである。そして、SIMカードをまた XPERIA Z ULTRA に移し、Z3 はもう使わないことにした。

そして、Z3+ が 0円で機種変更ができるというのを発見したので、すぐさま携帯ショップへ行ってみた。が、しかし Z3+ は売り切れ。0円なのでみんなが飛びついたのかもしれない。迷った挙句、250ドル(20,640円程度)で出ていた Z5 を購入することにした。

XPEIA Z5 は、かない良い。指紋認証が素晴らしい。動きも早い。Z3 からかなり進化している印象である。それにしても、一年もたなかった XPERIA Z3。もったいない気がするが、もう修理して使う気にはなれない。ソニーで修理したら、おそらく新しい携帯電話が買えてしまうぐらいかかると思われる。携帯電話は、使い捨てぐらいに考えていた方が精神衛生上よいのであろうか。でも、Z3、もったいないなあ。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*