Slingbox PRO-HDの動画圧縮について | Slingbox Fan

Slingbox PRO-HDの動画圧縮について

Filed under スリングボックス全般

Slingmediaによると、Slingbox PRO-HDでHD(High Definition)をリモートへストリームするに当たって必要な帯域は、1.5Mbps以上とのことだ。しかし、ストリーミングにおいて気になる点としては、PRO-HDはまだ動画圧縮として他のSlingboxと同様の、Windows Media Video 9フォーマットを採用しているところだ。PRO-HDユーザからは、もっと効率的だと考えられるH.264を使用して欲しいとの意見も少なくない。そういえば、(Slingboxと比ぶべくもないが)その昔「My IP-TV Anywhere」を使っていたとき、動画圧縮がH.264だったのを記憶している。当時350kbpsぐらいしか速度が出ていなかったが、画質は悪い感じではなかった。

ウィキペディアによると、VC-1(Windows Media Video 9)とH.264は、「同一ビットレートで同等の画質性能」らしいが、もしそうなのであればSlingmediaは、H.264にしたところで、SlingPlayerやSlingCatcherの対応が必要になるので、このままとするのかも知れない。しかし、「同等の画質」といっても実際どうなのか見てみたい気がする。

訂正

上記の記事を訂正します。

PRO-HDはH.264とWMVの両方を採用していて、SlingCatcherにおいて、解像度が640×480を超える場合(つまりHigh Definitionの場合)、動画圧縮のフォーマットとしてH.264が使われるとのこと。そして、SlingPlayer2.0においては、Standard Definitionの場合でもH.264が使用されているとのこと。つまり 、SlingCatcherのResolution を「HD」にしているか、SlingPlayer2.0以上を使用しているのであれば、どんなストリーミングもH.264が使われているとう ことになる。しかし、SlingPlayer Mobileの場合は、WMVのみ

記事に誤りがございましたことを、お詫びして訂正いたします。誠に失礼致しました。(2008年12月23日)

再度訂正(2009年4月14日)


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*