SlingPlayerのVideo Zoomについて | Slingbox Fan

SlingPlayerのVideo Zoomについて

Filed under SlingPlayer

SlingPlayerで視聴中に Alt + Shift + i を押すと、SlingPlayerのStatisticsが現れる。

Output Aspect Ratioが16×9の「Letter box source」となっているのは、地デジチューナとSlingbox SOLOがS-Videoケーブルで接続されているからだ。High Definitionは、コンポジットおよびS-Videoケーブルでは、Standard Definitionの4:3で送られてくるらしい。しかし、コンポーネットケーブルでの接続は少し違うようで、HDがSDに変換されてしまうのは同様だが、より高いレートで映像が配信され、16:9が維持されるようだ。(つまり4:3の画面に16:9の映像を映した時に出る上下の黒い帯が出ない分、画質がいいらしい)

そして、知る人ぞ知るSlingPlayerのvideo zoomの種類を説明すると:

None (4:3)—–4:3のスタンダードフォーマット

Letterbox——16:9の映像を4:3の画面で表示。上下に黒い帯が出る

Anamorphic—–16:9のワイドスクリーンフォーマット

Windowbox——16:9のワイドスクリーンの両端を落とし、4:3で表示

Pillarbox——4:3の映像を16:9の画面に表示。左右に黒い帯が出る

となる。コンポジットおよびS-Videoで接続した場合は、4:3のスタンダードで送られてくるので、それをSlingPlayerのvideo zoomで「Anamorphic」に設定すると16:9で丁度よくなる。コンポーネントでつないでいる場合は、video zoomは「None」で16:9となる。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*