海外へのテレビ転送と著作権問題 | Slingbox Fan

海外へのテレビ転送と著作権問題

Filed under 著作権

過去数年間、日本のテレビ番組をインターネットを使って海外でも視聴できるようにするサービスは著作権法に違反するとして、テレビ局とサービス業者の間で激しく争われてきた。有名な事例としては、「録画ネット事件」そして「まねきTV事件」などがある。「まねきTV事件」でのサービス業者の勝訴で前進した新しいインターネットの時代における著作権問題だが、今度は「ロクラク事件」でまた一歩前進した。

ロクラク事件とは、海外と国内に設置し、日本のテレビ番組を海外で見られるようにするロクラクIIをレンタルしていた日本デジタル家電を、複製権の侵害だとしてテレビ局が裁判に踏み切ったもの。

ロクラク事件は、一審ではテレビ局側の勝訴だったが、2009年1月27日、知財高裁は逆転して「著作権は侵害していない」という判決を出した。つまり今回の判決で「サービスの利用態様が明らかに個人の私的複製と変わらないような『機器』や『サービス』であれば著作権侵害にはあたらない」と明確に認めたととなった。この後は、恐らく最高裁に上告と思われるが、この判決は著作権団体や放送局にとっては衝撃的なものであっただろう。「いいかげんにしろ」といってやった感じだろうか。

この流れで、ARIBの運用規定も改正して、地デジを不条理な不自由さから開放してほしい。そして、Sonyあたりから地デジ対応の新しいロケフリが出ないだろうか。

References:

「テレビ局はなぜ負けた? 津田氏に聞くロクラク事件」
http://ascii.jp/elem/000/000/212/212233/

「TV番組の録画・転送サービスは適法 知財高裁判決」
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090127AT1G2703H27012009.html

「日本デジタル家電事件控訴審判決の続き」
http://stuvwxyz.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-28a7.html

「著作権侵害差止等請求控訴事件」
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090128154308.pdf

「著作権と知的財産権]」
http://www.jasrac.or.jp/profile/copyright/index.html


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*