Remote Control .bin 作成方法 | Slingbox Fan

Remote Control .bin 作成方法

Slingbox でAV機器を遠隔操作したいけど、Slingbox のリモコン対応リストに無い!対応していない!しかし、あきらめてはいけません。自分でリモートコントロール.bin を作成する方法があるのです!

※Slingboxの対応リストに無いものは、基本的に操作出来ません。まずは、対応リストを確認し、無かったら.bin作成に挑戦してみて下さい。

スリングボックスのAV機器リモートコントロール .bin 作成方法について紹介します。

リモートコントロール .bin 作成方法① - 準備編

— まずは必要なものを準備して下さい。

リモートコントロール .bin 作成方法② - 赤外線データ学習編

— リモコンの赤外線データを学習リモコンに学習させます。

リモートコントロール .bin 作成方法③ - プロトコル作成編

— 学習したリモコンデータが未知のプロトコルであった場合、プロトコルを作成します。

リモートコントロール .bin 作成方法④ - ボタン割り当て編 パートI

—  プロトコルを作成する必要がなかった場合、「ボタン割り当て編」にて.binファイルを作成し、終了です。

リモートコントロール .bin 作成方法④ - ボタン割り当て編 パートII (準備中)

—  プロトコルを作成した場合、こちらの設定が必要です。

—————————————————————-

IRブラスター正常性確認方法

IR ブラスタ ケーブルの確認方法はこちらです。

—————————————————————-

Slingbox リモコン学習機能

Slingbox本体でリモコンの学習ができるようになりました。こちらをご確認下さい。